【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Truncated KCNQ1 mutant, A178fs/105, forms hetero-multimer channel with wild-type causing a dominant-negative suppression due to trafficking defect

書誌事項

タイトル
Truncated KCNQ1 mutant, A178fs/105, forms hetero-multimer channel with wild-type causing a dominant-negative suppression due to trafficking defect
著者
Y.Aizawa, S.Kawano, Y.Hirano, M.Hiraoka et al.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282256795410688
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ