CiNii Researchの本公開について

De novo occurrence of the filaggrin mutation p. R501X with prevalent mutation c.3321de1A in a Japanese family with ichthyosis vulgaris complicated by atopic dermatitis.

書誌事項

タイトル
De novo occurrence of the filaggrin mutation p. R501X with prevalent mutation c.3321de1A in a Japanese family with ichthyosis vulgaris complicated by atopic dermatitis.
著者
Hamada T

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282256987498635
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ