【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Structures of D14 and D14L in the strigolactone and karrikin signaling pathways

書誌事項

タイトル
Structures of D14 and D14L in the strigolactone and karrikin signaling pathways
著者
Kagiyama M, Hirano Y, Mori T, Kim S-Y, Kyozuka J, Seto Y, Yamaguchi S, Hakoshima T

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282257082549249
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ