CiNii Researchの本公開について

In vitro splicing analysis reveals that availability of a cryptic splice site is not a determinant for alternative splicing patterns caused by +1G>A mutations in introns of the dystrophin gene.

書誌事項

タイトル
In vitro splicing analysis reveals that availability of a cryptic splice site is not a determinant for alternative splicing patterns caused by +1G>A mutations in introns of the dystrophin gene.
著者
Habara, Y.,Takeshima, Y., Awano, H., Okizuka, Y., Zhang, Z., Saiki, K., Yagi, M., Matsuo, M.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282257444679296
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ