CiNii Researchの本公開について

Defect of mineralization as a possible cause of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin-induced bone toxicity in early postnatal development in mice, 28th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants(POPs)

書誌事項

タイトル
Defect of mineralization as a possible cause of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin-induced bone toxicity in early postnatal development in mice, 28th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants(POPs)
著者
Nishimura N

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1010282257447610386
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ