CiNii Researchの本公開について

『真夜中の法廷』第八章、英語文学への影響のはじまり―W・B・イェイツとフランク・オコーナーにとってのメリマン(192-211ページ)

書誌事項

タイトル
"『真夜中の法廷』第八章、英語文学への影響のはじまり―W・B・イェイツとフランク・オコーナーにとってのメリマン(192-211ページ)"
著者
池田寛子
出版者
  • 彩流社
ページ数
339

この図書・雑誌をさがす

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1020000782204839558
  • タイトル言語コード
    ja
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ