CiNii Researchの本公開について

Studies for Optimum Design of Artificial Zinc Finger Recombinases by Evaluation of Effects of DNA Binding Affinity and Linker Components on Recombination Efficiency

書誌事項

タイトル
"Studies for Optimum Design of Artificial Zinc Finger Recombinases by Evaluation of Effects of DNA Binding Affinity and Linker Components on Recombination Efficiency"
著者
Masuda, A., Nomura, W., Ohba, K., Yamamoto, N., Tamamura, H.
出版者
  • Proceedings of the Twenty-Second American Peptide Symposium, Michal Lebl (Eds), American Peptide Society, San Diego

この図書・雑誌をさがす

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1020000782492076416
  • タイトル言語コード
    ja
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ