【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

テストステロン減少が病態の顕性化に寄与したと考えられた高齢発症のQT延長症候群の1例

書誌事項

タイトル
"テストステロン減少が病態の顕性化に寄与したと考えられた高齢発症のQT延長症候群の1例"
著者
長谷川祐紀,坂口 裕太,大槻  総,飯嶋 賢一, 八木原伸江,佐藤 光希,和泉 大輔,池主 雅 臣,南野 徹
出版者
  • 心臓

この図書・雑誌をさがす

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1020282256891809160
  • タイトル言語コード
    ja
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ