CiNii Researchの本公開について

麻酔科トラブルシューティングAtoZ「最後の筋弛緩薬投与から3時間経過し麻酔覚醒の時期にも拘わらず、筋弛緩モニターで四連反応比が50%以下である」

書誌事項

タイトル
"麻酔科トラブルシューティングAtoZ「最後の筋弛緩薬投与から3時間経過し麻酔覚醒の時期にも拘わらず、筋弛緩モニターで四連反応比が50%以下である」"
著者
花崎元彦, 中塚秀輝
出版者
  • 文光堂

この図書・雑誌をさがす

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1020282257063654400
  • タイトル言語コード
    ja
  • データソース種別
    • KAKEN
ページトップへ