【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

バングラデシュにおける飲料水ヒ素汚染災害の軽減に関する研究

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Disaster Mitigation for Arsenic Contaminated Drinking Water in Bangladesh

この論文をさがす

抄録

バングラデシュにおけるヒ素汚染問題に関して,先行研究により,ヒ素汚染被害軽減のためには住民の水運びの負担を軽減することが重要であると認識した。本研究ではこのような認識のもと,現地調査(村の地図の作成,ヒアリング)を行い,これらをもとに,「安全な飲料水に対する欲求度」及び「水運びストレス」という2つのモデルを構築する。そしてこれらのモデルを用いることによって,住民の水運びに着目したヒ素汚染災害軽減のための計画プロセスを示す。

In Bangladesh there are many disasters, such as floods, droughts, and hurricanes; moreover in recent years, arsenic contaminated drinking water has become one of their major problems. Long term effects of drinking arsenic contaminated water include illness, possible cancer, and in the worst case, death. Because of the economic problem in Bangladesh, the effective prevention of arsenic contamination can not be conducted. From our previous study which includes the survey and analysis, the burden of carrying drinking water is one of the most serious issues for local people. In this study, based on the recognition from the previous study, the social investigation in a village is carried out again, and the models related their burdens of carrying water are suggested.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001201690647296
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/26668
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ