【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

大潟海岸・上下浜海岸における海浜底質の粒度組成 -ビーチカスプの性質と粒度組成の相関関係-

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • The grain size composition of the beach sediment at Jogehama's coast-The correlation between the beach cusp's characteristics and the grain size composition-

この論文をさがす

抄録

上下浜海岸で,自然の節理にそって動作する,海浜底質の粒度組成を考察した。2001年8月6日と2002年8月31日に,南西から北東へ向って,汀線に沿って,200m沖の深浅測量による海底地形と大カスプの,互いに対応して,対になって移動することが実証できた。海浜底質の粒度組成の考察にさいし,ビーチカスプの大カスプと小カスプの相関関係,また,ビーチカスプと海岸砂丘砂との相関関係も検討した。

This author has considered the grain size composition of the beach sediment, which moved along a natural providence, at Jogehama's coast. This author has carried out sounding, from south west to north east, 200m offshore along the shoreline, on Aug.6.2001 and Aug.31.2002. In doing this, this author has been able to show by means of evidence, that both the sea bottom profiles and big cusps, have moved with one-to-one correspondence. When this author considers the grain size composition of the beach sediment, this author has examined the correlation between the big cusps and the small cusps. Further more, this author has examined the correlation between the beach cusps and the coastal recent dune sand.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001201694670720
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/129124
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ