【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

水害における適応型の避難経路アルゴリズムの開発

書誌事項

タイトル別名
  • Development of an Adaptive Evacuation Route Algorithm under Flood Disaster

この論文をさがす

抄録

この研究では,水害で人々の避難の振舞いへのダイナミックな水深の効果を考えて,適応型の避難経路アルゴリズム(AERA)を提案する。ダイクストラ最短経路方法の考えに基づいて,このアルゴリズムは総避難時間を最小にするという目標とする。時空間地理情報システム-DiMSISに基づいて,対象地域を神戸市長田区とし,アプローチの適用を試みる。実験の結果は、ダイナミックな状況の下の最適の避難経路を提供するのにAERAを使用することができるのを示する。

The Adaptive Evacuation Route Algorithm (AERA) is proposed in this paper considering the effect of the dynamic change in water depth on people’s evacuation behavior under a flood disaster. Based on the idea of Dijkstra shortest path method, this algorithm pursues the goal of minimizing total evacuation time. This approach is realized on spatial-temporal GIS software-DiMSIS and tested in Nagata area located in Kobe city. The result of the experiment shows that AERA can be used to provide optimal evacuation route under dynamic situations.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ