【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

都市域とその周辺における大気微量成分濃度とその変動(1)

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Spatial Distribution and Temporal Variation of Atmospheric Minor Constituents in the Urban Area and Its Surrounding Region (I)

この論文をさがす

抄録

都市域とその周辺における大気微量成分(大気メタン・オゾン)濃度の観測・解析結果について示す:前半は, 台風襲来時のオゾン・大気メタン濃度分布の解析結果を, 後半では, これまでの解析・推定結果の確認および周辺域(バックグラウンド)の濃度調査のために, 佐久島(三河湾)や伊勢湾・三河湾海上での空気試料採取とその分析結果について示す。後半の結果は, これまでの解析から推定してきた濃度分布(作業仮説モデル)の妥当性を示唆している。

In the first part we analyze the spatial distribution and its temporal variation of the atmospheric methane and ozone in Kyoto-shi, the southern part of Kyoto-fu and its surrounding region when the typhoon hit the Kinki district.Secondly, in order to confirm the earlier result of the subjective analyses over the sea surrounded by the land urban area, we made several observations (air-sampling and gas-chromatographic analysis) at Sakushima located in the middle of Mikawa Bay; and the Atsumi-Peninsura; and from the experimental cruise by the Seifu-Maru of the University of Mie, we preliminarily examined the concentration of the atmospheric methane in Ise- and Mikawa-Bay.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001201937741952
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/80449
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ