【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

「交換法」のランダムスピン系への応用(拡張アンサンブル,1998年度後期基礎物理学研究所研究会「モンテカルロ法の新展開」,研究会報告)

この論文をさがす

抄録

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

「交換法」は「拡張アンサンブル法」の一つの典型例として、特にスピングラスの研究に精力的に用いられている。ここでは、方法の概略を述べた後で、普段はあまり触れられない平衡化の問題を議論し、後半には「交換法」の「拡張アンサンブル」的な応用例を一つ示す。

収録刊行物

  • 物性研究

    物性研究 74 (2), 188-193, 2000-05-20

    物性研究刊行会

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ