【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

大気中二酸化炭素濃度漸増モデル実験における全球的水収支と降水量極値に関する解析

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Simulated Changes in the World Water Balance and the Frequency of Precipitation Extremes at Times of Increased Atmospheric CO2

この論文をさがす

抄録

二酸化炭素が増加した時, 全球的水収支や降水量極値の発生頻度がどのように変化するか, 気象研究所全球大気・海洋結合モデル数値実験結果を用いて解析した。二酸化炭素の増加に伴い, 「南半球では降水量より蒸発量が, 北半球では蒸発量より降水量が多い」という特徴がより強まる。また, 流出量(=降水量一蒸発量)は, 南半球の低緯度帯の海上で減少し, 赤道付近からその北にかけての陸上で大幅に増加する。日降水量極値の出現頻度は二酸化炭素の増加とともに増加する傾向が確認された。

Possible changes in the world water balance and in the occurrence frequencies of precipitation extremes due to increased atmospheric CO2 are investigated by the use of the data simulated by an MRI global atmosphere-ocean general circulation model. A deficit of precipitation over evaporation in Southern Hemisphere and an excess of precipitation in Northern Hemisphere become larger as CO2 increases. Runoff( = precipitation - evaporation) remarkably decreases over the ocean in the tropical Southern Hemisphere and increases over land in the tropicalNorthern Hemisphere. Extremes of daily precipitation occur more frequently in the increased CO2 climate.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001202178024960
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/129074
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ