【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

河床底泥が河川水質に及ぼす影響 -賀茂川における河川水質と河床底質の観測-

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Water Quality Interaction between River Water and River Bed-Observation of Water Quality and River Bed Sediments in Kamo River Basin-

この論文をさがす

抄録

本研究では,賀茂川における公共用水域水質観測結果と独自の河川水質と河床底質の観測調査に基づき,河床底泥からの巻き上げ現象による河川水質に及ぼす影響について検討した。その結果,観測日までの先行晴天日数が短く,前降雨の雨量が大きいほど水質濃度が高くなる傾向がみられ,雨天時の汚濁負荷流出がその後の河川水質に影響を与えている可能性を確認した。また,河床土壌溶液の分析の結果,TOCについては表層から深さ方向に濃度が減少し,T-Nについては深さ方向の明確な濃度変化は見られなかった。河床底泥が河川水質に及ぼす影響を定量的に明らかにするために観測を継続するとともに,晴天時から雨天時に連続した観測を実施し,汚濁物質の挙動と収支を解明する予定である。

The objective of this study is identification of water quality mechanism affected by inflow pollutants, returnpollutant from river bed sediments and pollutants runoff during rainfall events. In this study, water quality datarecords of the Kamo River observed by public sectors and ourselves were analyzed. As a result, pollutantconcentration of river water became higher as the no rain days were lower and former precipitation was smaller.From results of analysis of river bed, TOC concentration was decreased along river bed depth and T-Nconcentration had little variation.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001202301160832
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/129190
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ