CiNii Researchの本公開について

〈Original Papers〉A new oyster carbonic anhydrase in Crassostrea gigas Nao Okumura and Hiroshi Miyamoto

書誌事項

タイトル別名
  • 〈Original Papers〉マガキの新規炭酸脱水酵素

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

[Abstract]  In metazoans, carbonic anhydrase(CA)is a common enzyme that catalyzes the reversible hydration of carbon dioxide. CA plays important roles in many biological processes, and in molluscs several CA-like proteins are thought to be responsible for calcification in shell formation. As part of our investigation of the process of shell formation, we searched for a CA gene in the oyster Crassostrea gigas, with resultant identification of a single cDNA that encodes two CA domains. This atypical CA is similar to an α-CA and is mainly expressed in the egg. This suggests that the newly identified CA is responsible for production of bicarbonate in the early development phase prior to metamorphosis.       [要旨] 炭酸脱水酵素は後生動物に広く存在しており、二酸化炭素の水和を可逆的に触媒する。機能的には様々な生命過程で重要な役割を担っており、軟体動物では炭酸脱水酵素や類似タンパク質が貝殻形成における石灰化に関与していることが示唆されている。本論文では、貝殻形成の過程を調べる研究の中で同定したマガキの新規炭酸脱水酵素について報告する。単離したcDNA は、二つのCA ドメインを有しており、典型的な炭酸脱水酵素とは構造が異なっていたが、それぞれのCA ドメインはα タイプの炭酸脱水酵素との類似性を示した。また、今回同定した新規炭酸脱水酵素は卵での発現が著しく高く、変態前の重炭酸イオンの生成を担っていると推察される。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001202551075712
  • ISSN
    1346-8693
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1391/00010119/
  • 本文言語コード
    en
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ