【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

〈論文〉瑕疵担保条項に関する一考察

書誌事項

タイトル別名
  • 〈Articles〉A Study of Cancellation Clause

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

[概要] 本論文は, 国有化銀行を所有する政府とそれを買収しようとする民間企業との交渉において, 資産の買収価格と瑕疵担保条項がどのような値に決まるのかという問題を解こうとする試みである。そして部分ゲーム完全均衡として, 瑕疵担保条項が存在しない場合と瑕疵担保条項が存在する場合の両方ともが起こり得ることが示される。 [Abstract] In this paper, we analyze the asset price and the cancellation clause of a bankrupt bank over which a deposit insurance corporation bargains with an acquiring party for the bank. We show that the subgame-perfect equilibrium emerges in both cases with and without the cancellation clause.

Souma, Toshiyuki, 本稿は金融システム研究会(旧:郵便貯金振興会貯蓄経済研究センター, 現:ゆうちょ財団)における成果を基に加筆・修正したものである。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001202551175936
  • ISSN
    1348-8686
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1391/00010953/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ