【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

〈論文〉中規模歴史博物館での新しい活動の展開--竹中大工道具館を事例として

書誌事項

タイトル別名
  • 〈Articles〉 Deployment of new activity in a middle-scale historical museum: The example of Takenaka Carpentry Tools Museum

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

[要旨]竹中大工道具館が近年実施してきた新しい施策とその成果, 及び今後の活動の方向性について, 国内博物館の現状と共に分析し, 以下の特性を指摘することができた。 1国内博物館の入場者数は減少傾向にある中で, 当館は来館者層拡大施策の積極的な推進により, 入館者数は増加傾向になっている。 2博物館の研究職員が減少傾向にある中で, 当館はその比率と質を高め, 他機関との提携を深化することで研究領域を拡大している。 3今後, 当館は入館者数の増大のみを求めるのではなく, 専門分野の研究と幅広い活動を更に進めて社会的認知度を向上し, 生涯学習社会に貢献できる専門博物館を目指すべきと考える。    [Abstract] About the new policy which Takenaka Carpentry Tools Museum has implemented in recent years, its result, and the directivity of future activity, it was able to analyze with the present situation of the domestic museums, and was able to point out the following features. 1.Although the number of visiters of a domestic museum is decreasing, our museum performs the expansion activities of a visiter's layer positively, and the number of visiters has begun to increase. 2.Although the number of researcher of a museum is decreasing, our museum raised the ratio and quality, and the research area is expanded by enhancing the tie-up with other organizations. 3.Our museum further advances research of a special field of study, and a wide range of activities rather than asks only for increase of the number of visiters, and raises the degree of social cognition, and I will think from now on that the special museum which can contribute lifelong learning society should be aimed at.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001202551299200
  • ISSN
    0450-2825
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1391/00012058/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ