CiNii Researchの本公開について

The Prosodic Structure of Stressed-Suffix in English

この論文をさがす

抄録

type:紀要類(bulletin)

英語には、強勢の移動を引き起こす class 1接辞と強勢の移動を全く引き起こさない class 2接辞の他に、強勢を持つ接尾辞がある。この接尾辞が付加された派生語では、接尾辞に主強勢が付与される場合と第二強勢が付与される場合とがある。本稿では、この接尾辞が付加された派生語の強勢を韻律構造に基づいて分析し、再帰的な韻律語構造 (recursive prosodic word structure) を仮定することにより、強勢を持つ接尾辞の音韻的性質を明らかにできると共に、接尾辞に付与される主強勢と第二強勢について統一的な説明ができることを示す。

recursive prosodic word structure

stressed-suffix

Optimality Theory

収録刊行物

  • 言語科学論集

    言語科学論集 5 85-96, 2001-11-15

    東北大学文学部日本語学科

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ