CiNii Researchの本公開について

Contemporary Film Festivalsin Japan : Short ShortsFilm Festival & Asia

書誌事項

タイトル別名
  • 日本における現代映画祭 : ショートショートフィルムフェスティバル&アジア
  • ニホン ニオケル ゲンダイ エイガサイ ショート ショート フィルム フェスティバル  アンド アジア

この論文をさがす

抄録

本研究では、東京で毎年開催されているショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&Asia)を取り上げる。本研究を含む一連の研究は、2011 年に映画祭の開催委員に対するインタビューと実際の映画祭の観察によって始まった。SSFF&Asia は数々の研究が行われている映画祭のひとつであり、本研究は2012 年度の日本の他の四つの映画祭の報告(詳細はMacGregor & Niskanen, 2013)に続くものとなる。これらの研究は、学習院大学外国語教育研究センター研究プロジェクトとして行われた。本研究では、SSFF & Asia の将来性をAlex Fischer(2013)のモデルを用いて分析する。Fischer のモデルでは、映画祭の開催場所と時期、役割、映画の供給源、参加などの要素によって分析が行われる。分析の結果、SSFF&Asia は安定した開催地、緊密な開催委員会、数多くの出品などの強みや長所があるが、財源基盤、宣伝方法、広報構造などの面を強化する必要があることが明らかになった。

identifier:http://hdl.handle.net/10959/3544

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ