【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

[資料] 小児がん難治性疼痛の緩和に関連する痛みのメカニズムと鎮痛薬

書誌事項

タイトル別名
  • [Research Notes]  Analgesic drugs and mechanism of pain related to relaxation of intractable pain of childhood cancer
  • ショウニ ガン ナンチセイ トウツウ ノ カンワ ニ カンレン スル イタミ ノ メカニズム ト チンツウヤク

この論文をさがす

抄録

type:資料

小児がんの子どもが、成長・発達する過程でその子らしく生きていくためには痛みからの解放が不可欠である。痛みの種類と発生メカニズムが理解できると、観察する視点の根拠がわかり、痛みのレベルと推移が予測できる。がん性疼痛や薬剤に関する文献検討から小児がん難治性疼痛の緩和に関連する看護師に必要な知識をまとめた。がんの痛みのほとんどは侵害受容性疼痛であるが、神経因性疼痛については感覚障害や運動障害を伴う痛みと、アロディニアや痛覚過敏の有無で判断する。次に、関連痛の有無を交感神経刺激症状、皮膚の知覚異常、筋収縮、圧痛の部位から判断する等の知識が必要である。

Relieving pain is indispensable for letting childhood cancer patients feel and act like themselves in the process of their growth and development. The level of pain and its change can be estimated by understanding the types of pain and the mechanism of its occurrence. Relieving cancer pain depends on the pain's etiology. A review of the literature on cancer‑related pain and analgesic drugs was conducted to acquire the necessary knowledge for the alleviation of intractable childhood cancer pain. Nociceptive pain is the root cause of cancer pain. Neuropathic pain is measured by checking pain levels involving sensory and mobility impairment and any evidence of allodynia or hyperalgesia. The evidence of this referred pain is determined by checking sympathetic nervous symptoms, abnormal skin sensation, muscle contraction, and any areas of tenderness.

identifier:8

identifier:KJ00008279919

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ