CiNii Researchの本公開について

統計書から見た植民地台湾における医療政策 : ハンセン病療養所創設以前の時期を対象として

書誌事項

タイトル別名
  • Statistical Analysis on Medical Policy in Colonial Taiwan beforethe Foundation of the Leprosy Hospital

この論文をさがす

抄録

type:紀要論文

有关台湾癞病问题的硏究,历来以人种观点为中心。本文则是通过整理 「台湾总督府统计书」中的各卫生项目之变迁, 揭示台湾总督府医疗卫生政策的结构以及癞病政策在医疗政策上的位置。「台湾总督府统计书」中登有官立医院和公医接受治疗的患者数及应须注意的病名, 如统治初期再次登有的是脚气病,疟疾,结核。癞病再次登载是从1915年开始的,可以说这是台湾总督府着手癞病政策的开始,直到1930年为止。1930年设立了癞病疗养所。

収録刊行物

  • 人間文化創成科学論叢

    人間文化創成科学論叢 11 121-132, 2009-03-31

    お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ