【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

赤十字標章の統一を巡る議論とその運用における今日的な課題に関する考察

書誌事項

タイトル別名
  • A study on a controversy about the unification and the current issues of the distinctive emblems.

この論文をさがす

抄録

type:その他、資料

武力紛争時において医療組織とその要員を識別し、保護する特殊標章は、幾多の論争を経て赤十字標章、赤新月標章、赤のライオン及び太陽標章が国際的に承認されてきたが、近時、イスラエルの国際赤十字・赤新月運動への参加を巡り、新たに赤の水晶(red crystal : 2007年11月現在、邦語の公定訳はない)標章の使用を認めるジュネーブ諸条約第3追加議定書が採択された。これにより特殊標章の国際的統一を巡る100年以上の議論に一応の終止符が打たれたといわれる。しかしながら、第3追加議定書の採択が真の恒久的な解決策として評価されるか否かは、今後、イスラエルを含む国際社会が同議定書をいかに誠実に履行するかにかかっている。その一方で、近年、国際社会の構造が大きく変化する中で、赤十字標章の適正な使用と管理を巡り新たな問題も提起されている。その一つとして国連の平和維持活動や国際的NGO等、非国家主体による国際的活動及び個別国家の軍隊の域外活動が拡大したことにより、国家に一元的に付託されてきた標章の使用、管理が必ずしも有効に機能しなくなった現実がある。これらの新たな問題の解決を図るには、関係諸国の合意を取り付けながら国際的な調整を図るとともに、伝統的な標章管理システムを大胆かつ柔軟に見直す努力が求められているといえる。

Ever since the adoption of the Geneva Convention in 1864, the red cross emblem has been internationally recognized as the distinctive emblem for protection of the medical units. Although the unity of the distinctive emblem appeared to be crucial to an international order of protection, the idea has eroded since two other emblems were recognized in 1929 in addition to the existing emblem. Consequently, any relief societies, using any emblems except for the internationally recognized emblems, i.e. red cross, red crescent and red lion and sun, had been refused membership in the Movement, which caused a lengthy controversy over the recognition of the Magen David Adorn of Israel. The adoption of the third protocol emblem in December, 2005 was said to bring about "a comprehensive and lasting solution" to this historical issue thereof, although some time is needed to evaluate the value of this solution. Furthermore, recent drastic changes in the international community, especially after 1990' s, raises new issues on the usage of the emblem and demands another realistic solution for each component of the Movement and high contracting parties to the Conventions.

identifier:21

identifier:KJ00005058704

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ