CiNii Researchの本公開について

広域分布型流出予測システムを用いた淀川流域におけるダム群治水効果の分析

書誌事項

タイトル別名
  • Analysis of dam effects on flood control in the Yodo River basin with a distributed rainfall-runoff prediction system

この論文をさがす

抄録

ダム群流況制御の効果を考慮する広域分布型流出予測システムを用いて,淀川流域内の各地点におけるダム群の治水効果を分析する。分析に用いる入力降雨は,各地点上流域で観測された複数の降雨分布を引き伸ばして作成する。全ての降雨を入力し,現存のダム群を考慮する場合としない場合とでそれぞれ流出計算を行い,ピーク流量の比較検討を行う。その結果,ダムが流域の中流部に位置する加茂の地点では,自然流量のピークがある範囲内にあるときにダム群のピーク低減効果が最も有効に発揮され,ピーク流量が計画高水流量程度にまで低減されることがわかった。また,ダムが流域の上流部に位置する納所の地点では,自然流量に関わらずほぼ一定量でピーク流量が低減されることがわかった。

The effects of dams on flood control were analyzed at several locations in the Yodo River basin using a distributed rainfall-runoff prediction system including dam operation models. Input rainfall distributions for the analysis were created by multiplying some factors to ten observed rainfall patterns to adjust them to be 50, 100, 150 and 200 year return periods in terms of two days rainfall in a catchment. The system simulates discharge with and without taking into account the effects of dams for the all created input rainfall. The comparisons of simulated peak discharges indicated that at Kamo, whose catchment contains Takayama dam at the middle reach, there is a certain range of natural peak flow that can be attenuated effectively to the allowable maximum discharge. On the other hand, at Noso, whose catchment contains Hiyoshi dam at the upper reach, peak discharge were attenuated relatively constantly regardless the natural peak flow.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ