【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

SWANによる波浪推算システム-閉鎖性湾内における波浪推算への適用-

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Wave Prediction System by Employing SWAN- Application to Wave Prediction in Nearly Closed Bay -

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は, わが国沿岸の波浪推算システムを構築するとともに, その応用例として閉鎖性湾内における波浪推算の精度を検証し, モデルの適用性を検討するものである.沿岸海域波浪推算モデルとしては, SWAN(Delft University of Technology 作成)を採用した.台風9918号によって港湾施設に被害が生じた広島湾, および大阪湾における発生波浪の追算を行い, SWANによる追算結果はかなりよく観測結果と一致することを確かめた.

The objectives of this study are to construct wind wave predicting system around Japanese coasts by employing SWAN (Simulating Waves Nearshore, Delft University of Technology), and to examine the validity of the wavemodel by comparing the wave observations and predictions. The comparisons were carried out for waves generated by typhoons in nearly closed bay such as the Hiroshima Bay and in the Osaka Bay.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001335593030144
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/80555
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ