CiNii Researchの本公開について

Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards

書誌事項

タイトル別名
  • 異常気象とそれに伴う災害の実態把握と予測に関する研究

この論文をさがす

抄録

本報告は、異常気象を引き起こす原因の解明と、それによってもたらされる災害の実態について述べたもので3部からなっている。第1部では、異常気象を引き起こす原因の一つとして注目されている北極振動(Arctic Oscillation;AO)が、顕著に大きくなった1998年12月に生じた成層圏突然昇温(Stratospheric Sudden Warming;SSW)直後における大気運動の予測可能性について解析した。第2部では、異常気象をもたらす背景としての生物気候学的な植生の時間変化を、人工衛星データを用いて植生強制因子で説明するとともに、気象災害の主要因である台風について詳細な数値解析を行った。第3部では、2003年9月10日から11日にかけて宮古島を襲った台風14号による強風被害の実態について、現地調査結果および統計資料を用いて解析し、過去の当地を襲った台風による被害結果と比較した。

This paper describes the analysis of various phenomena related with anomalous weatherand its hazards, which consists of three parts. The first part describes predictability of the influenceof stratospheric motions on the tropospheric circulation change just after the stratospheric suddenwarming (SSW) event occurring in December 1998 using 1-month ensemble forecasts performedby Japan Meteorological Agency (JMA). In the second part, temporal changes in vegetationphenologies was investigate by remotely sensed Normalised Difference Vegetation Index (NDVI)data for the background of anomalous weather. An intensive numerical study was also conducted inthe second part and the transformation processes are analyzed based on the simulated results. Thelast part shows the field investigation on the severe damages of structures induced by the typhoon0314(Maemi) which attacked Miyako Island on 11th September 2003.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ