【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

建築・都市における火災の性状とリスクの制御

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Prediction of Behavior and Risk Control of Building and Urban Fires

この論文をさがす

抄録

本稿は,平成23年度京都大学防災研究所研究発表会における退職教授特別講演の趣旨にそって,筆者が1973年に建設省建築研究所に採用されてから2012年の京大退職までの39年間に行った火災研究の概要を記述したものである。建築研究所での約24年間は専ら建築の火災安全設計法に関する研究に従事した。京大での約15年間は都市火災に関する研究を主課題としながらも建築火災の課題にも依然として関った。従って,両課題に関する研究は時系列的には分離し難いが,本稿は課題別に纏める構成とした。

This paper outlines the 39 years of fire research activities of the author since starting to work at the Building Research Institute, Ministry of Construction in 1973 to retiring from Kyoto University in 2012, enriching the special talk by retiring professors at the DPRI annual meeting in March, 1923. The author's researches in 24 years of the service at the Building Research Institute were basically for constructing a performance-based fire safety design method of buildings. The main topic of researches after having moved to Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University, shifted to urban fire, while the author continued to be involved various topics on building fires. Although the author's research activities on two main topics, i.e. building fire and urban fire, cannot be separated in terms of timeline, the manuscript is organized in terms of topics for readability.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001335742469120
  • NII書誌ID
    AN00027809
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/161812
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ