【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

冷水性淡水魚類生態に適した河川水温環境に関する研究

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Study on Environment of River Water Temperature Suitable for Cold Water Fish Habitat

この論文をさがす

抄録

地球温暖化により21世紀末には気温が1.8-4.0℃上昇すると予測されている。河川においては気温の上昇に伴う河川水温上昇が問題視され予測,研究が行われてきた。温度は生物の生息環境を支配する要因の一つである。生物の中でも魚類は温度変化に対して敏感であり,特にサケ科の魚類などの冷水性魚類に対する影響が大きいと考えられている。そこで本研究では今後も従来の冷水性淡水魚類に適した河川水温環境を維持していくための二つの水温管理手法に着目した。まずは発電放流水による管理である。ダム貯水池では夏場は成層化が進み,取水する層の高さによって水温は異なる。通常は,稲作やアユの生育環境の観点から冷水放流が問題となるが,逆に温暖化対策として夏場に適当な冷水が放流されれば河川水温の上昇を抑制することができる。次に,河川地形が河川水温に対して与える効果である。河道内の淵の形成・維持は,水温の低い水塊の保持に効果的であり,さらに河岸からの湧水の流入が冷水環境形成に与える影響は大きい。九頭竜川では冷水性魚類であるサクラマスが生息している。市荒川発電所からは上流のダムから取水された水温の低い発電放流水が合流しており,夏季の本川水温を低下させる効果が期待される。鳴鹿大堰までの流下区間では,日射を受けて再び水温は上昇していく。鳴鹿大堰の湛水区間を経て,その下流の福松大橋地点では右岸側に淵が形成されるとともに,河岸からの湧水流入が確認されており上下流と比べ低い水温環境が形成されている。九頭竜川の水温環境について小型メモリー式水温計(StowAwayTidbitOpticStowAway, 30分間隔, 温度精度±0.2℃)を用いて長期現地観測を行った。さらに,河川の熱収支を考慮した1次元,2次元の水温予測モデルを用いて観測データの再現を行うとともに,条件変化に伴う水温影響予測を行った。さらに,水温が上昇したと仮定した際のサクラマスが生息可能な水温環境を維持するためのダム放流や河川地形管理について考察した。

Water temperature is very important factor for cold water fish habitat. But river water temperature is predicted to increase by global warming. In order to clarify how fish habitat may be lost, we conducted field survey in the Kuzuryu River and simulated river water temperature by 1D and 2D numerical models calculating heat exchange between atmosphere and water. To maintain cold water fish habitat, we evaluated the cooling effects of input water temperature from a power station suitable for cold water fish that depend on amount and temperature of discharged water from upstream dam. We also studied effects of water depth and spring water intrusion at deep pool areas in the river channel.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001335742470144
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/161816
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ