CiNii Researchの本公開について

離散確率分布を持つリアルタイムシステムの詳細化検証手法 (検証 / テストとデバッグ)

書誌事項

タイトル別名
  • Formal Refinement Verification Method of Real-time Systems with Discrete Probability Distributions (Verification, Testing, and Debugging)

この論文をさがす

抄録

金沢大学理工研究域電子情報学系

近年,リアルタイムシステムの仕様記述言語としては,タイミング制約が記述可能な時間オートマトンが定着しており,その検証手法としてもモデル検査手法などが開発されている.一方,最近,不確かな動作を表現するために,離散確率分布を持つ確率時間オートマトンが開発されており,そのモデル検査手法も開発されている.本論文では,離散確率分布を持つ確率時間オートマトンの時間模倣関係の検証手法を開発して,リアルタイムシステムの段階的詳細化開発への適用を図る. Generally, real-time systems have been specified using timed automata, and moreover model-checking methods of timed automata have been developed. On the other hand, recently, probabilistic timed automata have been developed in order to express the relative likelihood of the system exhibiting certain behavior. In this paper, we develope the verification method of simulation relation of probabilistic timed automata, and apply this method into stepwise refinement developments of real-time systems.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ