【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

【高齢者の睡眠障害】 高齢者にみられる睡眠時随伴症 レム睡眠行動障害を中心に

抄録

type:text

雑誌掲載版

レム睡眠行動障害は、夢の行動化を特徴とする睡眠時随伴症の一つであり、初老期以降の男性に多く発症する。診断には、特異的な睡眠ポリグラフィ所見(骨格筋活動の抑制を伴わないレム睡眠)が重要である。近年、synucleinopathyなど神経変性疾患の前駆症状である可能性が指摘されている。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ