【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

中級の作文教育 ―意識調査,ワープロ・電子メール利用と作文の分析を通して考える―

書誌事項

タイトル別名
  • Teaching Japanese Composition in an Intermediate Course : Considering a survey of students' consciousness, use of word processors and e-mail, and a survey of student compositions

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

作文に関するこれまでの研究では主に指導項目の規定,指導法の工夫などが中心であったが,本研究では書き手の心理に焦点を当てた研究の必要性を考え,(1)学習者の作文に対する意識を調査する,(2)ワープロ・電子メールを導入することでどのような効果がもたらされるかを知る,(3)作文の授業の成果を測る,という3つの項目について,中級前期の学生を対象に調査した。その結果,(1)学習者の作文に対する自信のなさ,正確に書くことへの関心の高さ,(2)ワープロ・電子メールの利用は動機付けに効果的であること,(3)文の長さ(文節数),文の複雑さ(従属節数),漢字の使用や接続詞,指示詞の使用について伸びているということが明らかになった。更に,従属節が伸びた原因を調べたところ,接続助詞の使用はほぼ横這いで,連体修飾節と引用節の使用が大きく伸びており,この二つが全体としての従属節の伸びにつながっていることがわかった。以上のような調査の結果から,実際の作文ではコース初めと終わりで各能力の伸びが見られるにもかかわらず,コース後の自己評価によると,学習者は自信を持てないでいるということが明らかになった。また,電子メールの導入に際しては,未経験の学習者に対する配慮の必要性があるということがわかった。今後はレベル別の作文能力の規範を作ることで自信のなさを解消し,また,ワープロ・電子メール利用のための環境整備を進めることが必要であろう。

The studies about Japanese composition to date have mainly focused on providing the items that teachers should teach and how to teach effectively. This study focuses on the writers' confidence and motivation and reports on the following: 1) the students' consciousness for composition, 2) the effect of using a word processor and e-mail, and 3) the result of the Japanese composition classes. The findings indicate that: 1) The students lack confidence to write in Japanese and are interested in writing accurately. 2) The use of a word processor and e-mail is effective for motivation. 3) Students' writing skills, as shown in sentence length, sentence complexity, use of kanji, and use of conjunctions and demonstratives improved. In addition, it became clear that the improvement in sentence complexity, which means increase of the use of subordinate clauses, owes to increased use of noun clauses and quotation. According to this experiment, in spite of the improvement of students' writing skills, students' self-estimation in the follow-up survey was very low. Further, it is necessary that the teacher give special attention to students who haven't used e-mail. We need to establish a different norm for different levels of writing ability in order to increase students' confidence for writing in Japanese and set up the environment for the use of word processor and e-mail.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ