【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Phytophthora porri FOISTER の厚膜胞子形成(農学部門)

書誌事項

タイトル別名
  • Chlamydospore formation of Phytophthora porri FOISTER (Agriculture)

この論文をさがす

抄録

本論文はユリ科植物の白色疫病を原因するPhytophthora porri FOISTERの厚膜胞子の形成について述べたものである。供試菌はチューリップ, ラッキョウ, タマネギの白色疫病罹病株からそれぞれ分離したものである。本病菌は各種培地上で菌糸に膨み(Swelling)を形成しやすいが, 厚膜胞子の形成は非常に少なく, しかも形成にやや時日を要することと, 膨みと厚膜胞子との区別がやや困難であるために観察しにくい。球形で菌糸に間生しばしば連生するものがあり, また頂生する。好適な環境状態の下で任意の部位から発芽管を出す。大きさは平均20.8μないし平均30.0μの直径を有し, 環境要因による大きさの変異が大きい。PDA培地の菌叢上に水を注ぎ, 浸水状態にするとともに, 培養温度を20℃から以下の低い温度に変温すると, 厚膜胞子の形成が良好である。液体培養した菌叢を水培養に移したものは, 厚膜胞子の形成があまり良好でなく, 形成にかなり時間がかかる。また厚膜胞子の形成は, 液体培地よりも固体培地の方がよい。

General pattern of chlamydospore formation in Phytophthora porri Foister was elucidated with three isolates of the fungus, isolated respectively from tulip, scallion, and onion. The fungus, irrespective of isolates used, forms many swelling of mycelium but quite restricted number of chlamydospores when cultured on various kinds of culture media. The chlamydopores are formed after a prolonged incubation and they are spherical or ovoid in shape, formed single or crowded, terminal or intercalary, and are capable of germinating with a germ tube under the favorable environmental condition. The average size of chlamydospores was in the range of 20.8μ to 30.0μ in diameter depending on the isolate and environmental conditions employed. The chlamydospores are formed many when the colony on PDA plate was submerged in a small volume of water and incubated at the temperature below 20℃, while the same treatment of mycelial mat cultured in a liquid medium did not efficiently induce the chlamydospore formation. The use of agar medium is consequently recommended for the study of chlamydospore formation.

identifier:9

identifier:KJ00000078875

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ