CiNii Researchの本公開について

装われた母子合一化の物語:「化鳥」論

書誌事項

タイトル別名
  • A feigned union of mother and child in Kecho

抄録

Regardless of whether one is conscious of it or not, there is usually something that triggers a person to talk about the past. Even more so for a first-person narrative on the very personal events that took place between a main character and a “Mother" or a person of similar standing, there is probably an underlying cause propelling the narrator to tell the story. This paper aims to show one example that illustrates this theory through the examination of Kyoka Izumi's Kecho (1897).

Previous studies have assumed that the narrator “I" and the past “I" clearly separate. However, the distinction between the narrator “I" and the past “I" in Kecho becomes very vague at times, and it is difficult to make a clear distinction between the two. It can be said that the narrator “I" and the past “I" cross over the boundaries of time and meld into each other. If one carefully examines the words of “I", the exclusive union between “I" and “Mother" turns out to be a fragile and superficial relationship. This fragility causes an inner conflict for “I", and because this psychological conflict cannot be resolved, “I" reverts to the past. “I" covers up his inner conflict by describing physical closeness with his mother, which is more concrete proof of a union than words. Words link “I" and “Mother", while at the same time they separate themselves. In Kecho, the union between mother and child seems very strong, but words reveal it to be actually an illusion.

過去の出来事を語るという行為、そこには意識の有無にかかわらず、その行為を生じさせる何らかの動因となるものが働いているはずである。ましてや、一人称体の形式をとって語られる物語の内容が、主人公自身と〈母〉、あるいは〈母〉に擬せられた者との間に生じた非常に個人的な出来事である場合、 それを語らせる何らかの要因が底流に潜んでいるのではないか。本論はこの問に対するひとつの答を、泉鏡花「化鳥」を通じて導き出そうとするものである。

「化鳥」では、現在時の語る「私」と過去の語られる「私」との距離は時に無化してしまうほど非常に曖昧なものであり、 先行諸論が前提としてきたように両者を明確に二分することは困難である。両者は「私」の語りにおいて時空間を越えて分かちがたく結びつくといってよい。 このような「私」の語りを注意深く読み解いてゆくと、「私」と「母様」との排他的な合一化が、実は表層的に築かれた危ういものであることが浮かび上がってくる。その危うさによって「私」の内に葛藤が生じ、「母様」との関係を昇華することができないままに過去へと立ち戻る。そして、言葉よりも確かな「母様」との身体的密着によって、その葛藤を覆い隠そうとするのである。言葉は「私」と「母様」とを繋げると同時に隔てもする。「化鳥」は、強固にみえる母子合一化が実は矛盾を孕んだ言葉という空虚な媒介物によって生じた錯覚、幻想であり、両者が融合することの実現不可能性を物語るテクストなのである。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050001337659461376
  • ISSN
    0493-4350
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1632/00025166/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ