【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

保育現場で好まれる歌に関する研究 : 歌詞の持つメッセージに着目して

書誌事項

タイトル別名
  • Study of Favorite Songs at Childcare Faclities : The Message of the Song and its Effects on Children

この論文をさがす

抄録

全国大学音楽教育学会共同研究「日本の童謡,子どもの歌の現状と分析」によれば,保育現場による推薦曲として,新沢としひこ作詞の歌が数多く挙げられている。 本研究では,現場からの支持を得ている新沢としひこ作詞によるいくつかの曲の歌詞に着目し,「体験」「想像」「表現」というカテゴリーに置き換えて分析を行い,なぜ現場で多くの支持を得ているのかについて検討していく。 その結果,1)感性を育むためのキーワードである「体験」「想像」「表現」の3つが含まれており,豊かな感性の育ちを支えていること,2)単に「体験」「想像」「表現」の3つが含まれているだけでなく,それらは,「体験」→「想像」→「表現」という順序でつながっていることが確認できた。これらにより,保護者から子どもへ,子どもから大人へと好感的な心の循環が行われており,両者が同じ価値観を持って共感できる歌となっているのではないかと考えられる。

According to "Nihon no doyo, kodomo no uta no genjo to bunseki," a joint research conducted by the National Association of College Music Education, many of the songs written by Toshihiko Shinzawa have been nominated for use by childcare practitioners around Japan. The present study looks into the lyrics of his songs to find what makes his songs so widely supported by practitioners in childcare facilities around Japan. As a result all three components: experience, imagination, and expression, were identified in Shinzawa's lyrics, which provides evidence for the fact that his songs support the development of a child's sensitivity. In addition, not only were these three components incorporated in his lyrics, but they were also interrelated in sequence: experience→imagination→expression. This suggests an existence of an interactional cycle of favoritable heart-to-heart feelings between childcare practitioners and children, in which both parties come to share common values and create a sense of empathy by singing the songs written by Shinzawa.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ