CiNii Researchの本公開について

Levels of Major Proteins of Halobacterium halobium During Growth at Different Temperatures

書誌事項

タイトル別名
  • Halobacterium halobiumの培養温度に変化にともなう主要構成タンパク質の量変化

この論文をさがす

抄録

type:Article

The adaptation of Halobacterium halobium CCM2090 to temperature was studied by measuring the levels of 151 proteins under the starvation conditions at six temperatures from 10 to 55℃. The growth rate of this strain varies as a simple function of temperature from 20 to 40℃, the so-called normal range; above and below this range the growth rate decreases sharply. Analysis of the detailed results indicated that (i) the amounts of proteins mostly change very little throughout the normal tenperature range, (ii) the restricted growth that occurs under either cold or hot condition is accompanied by marked changes in the levels of most of these proteins; (iii) a few proteins are thermometer-like in varying simply with temperature.

Halobacterium halobium CCM2090株の培養温度変化への適応を10度から55度までの温度変化にともなう151種の主要構成タンパク質の量変化を通じて検討した。培養温度が20度から40度の範囲で菌は良く生長したが,それ以下もしくはそれ以上の温度で生長は著しく抑えられた。培養温度変化にともなう主要構成タンパク質の量は(i)大部分のタンパク質種で正常な培養温度でそれほど変化しなかったが,(ii)低温もしくは高温環境で生長が抑制されるとこれらのタンパク質種の多くはその量を著しく減らした。さらに,(iii)若干のタンパク質種では温度変化に対応してその量が増減した。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ