CiNii Researchの本公開について

高コレステロール血症者の血清脂質と脂溶性抗酸化ビタミン

書誌事項

タイトル別名
  • Serum Lipids and Antioxidant Fat-Soluble Vitamins in Hypercholesterolemia

この論文をさがす

抄録

type:Article

平成6, 7年度愛媛県健康増進センター主催の高脂血症教室の受講者を対象に, 血清カロテノイド, レチノールおよびα-トコフェロール量と血清脂質との関係を調べた。この教室の受講者は, 総コレステロール量が240mg/dl 以上の者と, 中性脂肪量が250mg/dl 以上・総コレステロール量が220mg/dl 以上の者で, 男性25名, 女性30名の計55名であった。 血清カロテノイド, レチノールおよびα-トコフェロール量の男女差を検討した。血清α-カロテン, β-カロテン, 総カロテノイドは有意に女性が高値で, 血清レチノールは有意に男性が高値であった。これは, 男性に比べ女性のほうが緑黄色野菜や果物等を多く摂取しているという食事アンケート調査の結果を反映していると考えられる。また, 対象者数が少なかったことによると考えられるが, 血清カロテノイド, レチノールおよびα-トコフェロール量に対する喫煙や性ホルモンの影響は, 明確には認められなかった。 また, 血清カロテノイド, レチノールおよびα-トコフェロール量と血清脂質との関係を検討した結果, 男性で, 血清レチノールとトリグリセリド, α-トコフェロールとトリグリセリドの間に弱い正の相関が, α-トコフェロールとLDLコレステロール, 総カロテノイドと総コレステロール, 総カロテノイドとLDLコレステロールの間に弱い負の相関が認められた。女性では, レチノールとHDLコレステロール, 総カロテノイドとHDLコレステロール, α-トコフェロールと総コレステロールの間に弱い正の相関が, β-カロテンとトリグリセリド, 総カロテノイドとトリグリセリドの間に弱い負の相関が認められた。血清カロテノイドが増加すると, HDLコレステロールも増加し, 一方総コレステロール, トリグリセリドおよびLDLコレステロールは減少傾向となり, 血清脂質の改善につながる可能性が示唆された。

We investigated the effects of serum concentrations of carotenoids, retionol and α-tocopherol on serum lipids of 55 persons (25 males and 30 females) who took part in the special programs for hyperlipidemia held in 1994 and 1995 at the Ehime Prefectural Center of Health Promotion. Persons were above 240mg/dl in serum total cholesterol or above 220mg/dl in serum total cholesterol and above 250mg/dl in serum neutral lipid. Serum concentrations of α-carotene, β-carotene and total carotenoids were significantly lower in males, but serum retinol levels were significantly higher in males. These are suggested to be caused by the differences in intake amounts of green-yellow vegetables and/or fruits. In males, positive correlations were observed between serum retinol and triglyceride and between serum α-tocopherol and triglycerid, and negative correlations were between serumα-tocopherol and LDL-cholesterol, between serum total carotenoids and total cholesterol, and between serum total carotenoids and LDL-cholesterol. In females, there were positive correlations between serum retinol and serum HDL-cholesterol, between serum total carotenoids and HDL-cholesterol, and between serum α-tocopherol and total cholesterol, and negative correlations were between serum β-carotene and triglyceride and between serum total carotenoids and triglyceride. These results indicate that an increase in serum carotenoid level may lead to the improvement in serum lipid condition, i.e. an increase in HDL-cholesterol and/or decreases in total cholesterol, LDL-cholesterol and triglyceride.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ