CiNii Researchの本公開について

思春期における精神心理的健康度に関わる生活要因の疫学的検討 : 食行動,栄養に着目した解析

書誌事項

タイトル別名
  • A epidemiological study of psychosomatic status and dietary factors for a sample of adolescents

この論文をさがす

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

本研究では,思春期における食行動や摂取品目による影響が抑うつ症状にどのような関わりがあるのかを調べることを目的に,公立高校1,2年生を対象にして自記式質問調査を実施した。CES-Dスコアは19.57±7.31(平均得点±標準偏差),GHQ-Rは12.58±4.83,GHQ-Oは2.80±2.60であり,学年差よりも性差が多く,女子に高い値であった。食行動および栄養摂取などの関連要因においても,少なからずの性差が見られた。これらの変数間の関連性を分析した結果,本対象者の精神心理的健康レベルには,多くの食行動要因が関連することが明らかとなった。これらは,定期的な精神心理的健康レベルと食行動を中心の一つとしたライフスタイルの調査・評価が,学校保健として有用なアプローチであることを示唆している。今後は,本研究とは異なる,さらに精密な疫学的デザインを似て,本研究結果の再現性などを確認することが必要である。

A self-administered question survey was conducted to investigate the relationship between psychosomatic symptoms and related factors, such as, dietary behavior, etc. The subjects were hgih school students first graders (Male=131, Female=149), second graders (Male=154, Female=119). As analyses of excluding obvious answer bias, 497 subjects (effective response rate of 89.9%) were excluded there were. The results were CES-D 19.57±7.31(mean score ± standard deviation), GHQ-R 12.58±4.83, GHQ-O 2.80±2.60, higher than preceding study. Also, good dietary habits in females were observed, compared with those of males. Similar tendencies were indicated in nutrition variables. And, these related factors were significant correlated with CES-D or GHQ scores, as well as other age groups based several previous research. Therefore, it is meaningful to conduct the regularly mental health and lifestyle research among adolescents, as school health. In future, we should be confirmed the validity and reliability of present study, using the more correct epidemiological design, such as, longitudinal or case-control study.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ