【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

国内飼育下チーターのenteric helicobacterに関する病理学的研究

書誌事項

タイトル別名
  • Pathological study on enteric Helicobacter infection in captive cheetahs (Acinonyx jubatus) in Japan

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

type:特集

type:FEATURE ARTICLES

チーターを始めとする大型肉食ネコ科動物における腸型ヘリコバクターの感染率と病原性に関する報告は見当たらない。63頭のチーターを病性鑑定したところ,高率にリンパ球プラズマ細胞性腸炎が認められることが分かった。しかしながら,腸炎とヘリコバクター属細菌感染の間に関連を見出すことはできなかった。そこで,チーターにおける腸型ヘリコバクターの感染状況とその他の病変としてのアミロイドとの関連と飼育下チータにおける病理発生を明らかにすることを目的として研究を行った。病性鑑定に供した63頭のうち今回の検索に適した43頭を病理学的に検索した。その結果,43頭中36頭,83.7%にアミロイドの沈着がみられた。しかしながら,腸へのアミロイド沈着とヘリコバクター属細菌の有無と関連がなかった。2頭のチーターから分離されたヘリコバクターは,分子生物学的研究により,それぞれにH. bilis, Flexispira rappiniとH. cinaediと同定された。しかし,ヘリコバクター属細菌が分離されたチーター数が絶対的に少なかったために,腸病変(アミロイドや腸炎)とヘリコバクター属細菌感染と病変との関連は明かではなかった。

There has been no report on the prevalence and pathogenicity of enteric Helicobacter in large felid including cheetahs. The pathogenicity of most enteric Helicobacters remains still unknown. Pathological examination of 63 captive cheetahs revealed a high incidence of lymphocytic enteritis. However we could not found the relationship of enteritis and Helicobacter infection of intestine. We therefore studied the relationship of amyloid and Helicobacter infection of intestine and its pathogenicity in captive cheetahs, in an attempt to identify the cause of this disease. Pathological studies were carried out on 43 from 63 cheetahs that died in captivity. Amyloid deposited in 36 cheetah (83.7%) and was frequently observed in small intestine. There is no relationship of amyloid and Helicobacter infection of intestine. Molecular biological examination distinguished that the bacteria derive from 2 cheetahs were H. bilis, Flexispira rappini and H. cinaedi. But the relationship of enteritis and Helicobacter infection of intestine was unclear. Because there were too few cheetahs with which the Helicobacter was isolated.

identifier:publisher

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ