【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

両側性上顎犬歯と第一小臼歯の移転萠出を伴う叢生を改善した1症例

この論文をさがす

抄録

両側性の上顎犬歯および第一小臼歯の移転歯を伴う症例を経験し、満足し得る結果が得られたので、その概要を報告する。症例は15歳の男性で乳歯の残存および両側性の移転歯を認めた。移転歯部分の配列について、本来の順番である犬歯、第一小臼歯の順に配列することは、当該歯、および隣在歯歯根等への影響を考慮するとリスクが高いと判断し、移転したままの状態で配列することとした。しかし、審美的観点、咬合機能的観点、歯周組織の観点、隣接歯歯根状態に、良好な結果が得られた。移転歯の治療には本来の配列に修正することが可能か否か、どのようなメカニクスで配列を行うか、さらにその予後について、十分な検討が必要であると認識した。(著者抄録)

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ