CiNii Researchの本公開について

『知ある無知』の争点とそのコンテクスト―ヴェンクとクザーヌスの論争をめぐって―

書誌事項

タイトル別名
  • 『チアルムチ』ノソウテントソノコンテクスト―ヴェンクトクザーヌスノロンソウヲメグッテ―
  • Contentions over De docta ignorantia and their Context: A look at the dispute between Wenck and Cusanus

この論文をさがす

抄録

type:論文

本稿では、ニコラウス・クザーヌス(Nicolaus Cusanus)の主著『知ある無知』(De docta ignorantia)に対する批判として知られるヨハネス・ヴェンク(Johannes Wenck)の『無知の書物について』(De ignota litteratura)と、それに対するクザーヌスからの反論の書『知ある無知の弁明』(Apologiadoctae ignorantiae)に表れた両者の争点、およびその背景について検討する。 まず認識の問題では、知性認識は類似によって事物の何性に到達し得ないとするクザーヌスに対し、ヴェンクはトマス・アクィナス(Thomas Aquinas)の「存在の類比」の立場から、知性が像と類似によって認識し得るものとして捉える。さらにヴェンクは、クザーヌスの「対立の一致」の教説が神と被造物との一致を許容するものと捉え、それがアリストテレス(Aristoteles)的な矛盾律の破壊に繋がるものとして批判する。これに対しクザーヌスは、「存在の類比」の議論が前提とするような「比」が、無限なるもの(=神)と有限なるもの(=被造物)との間には成立し得ないという点を強調する。さらに神の問題について、ヴェンクは、クザーヌスの議論がアリストテレスの「第一動者」の観念を破壊し、それによってトマス的な神の存在証明も無効化してしまう可能性を看取する。それに対しクザーヌスは、「包含」と「展開」の理論によって、運動を根源的一性としての神の展開として捉えることで、神と被造物との関係性を非スコラ学的視点から説明する。さらにクザーヌスはその視点を、個と普遍の問題をめぐる彼独自の視点である「縮限」の理論によって補強することで、汎神論(pantheism)の嫌疑を振り払おうとする。ここには、神を万物の絶対的何性として、また「世界」を縮限された何性として捉えるクザーヌスの視点の独自性を指摘することができる。

De docta ignorantia, a major writing by Nicolaus Cusanus, was criticized by Johannes Wenck in his writing, De ignota litteratura, which in turn was disputed by Cusanus in his rebuttal, Apologia doctae ignorantiae. This paper examines each author's contentions unfolded in the latter two writings and their background. First, on the problem of recognition, Cusanus contends that recognition by the intellect cannot attain to an understanding of the quiddity (quidditas) of things through analogy whereas Wenck admits the intellect's ability to recognize it through image and analogy from the standpoint of analogia entis proposed by Thomas Aquinas. Further, Wenck criticizes Cusanus' contention about coincidentia oppositorum as allowing the concordance between God and creatures and eventually destroying the Aristotelian "law of contradiction." In response, Cusanus stresses that between infinitus (God) and finitus (creatures) can there be no such comparison as presumed in the discussion on analogia entis. On the problem of God, Wenck perceives the possibility of Cusanus' argument destroying the Aristotelian concept of "the First mover," which in turn invalidates the Thomistic proof of God's existence. Cusanus, on the contrary, employs the theories of complicatio and explicatio to define movement as the expansion of God as the fundamental unity and explains the relationship between God and creatures from a non-Scholastic viewpoint. By reinforcing this viewpoint with the theory of contractio, which is his own idea regarding the problem of individuality and universality, Cusanus tries to ward off the suspicion of pantheism. The uniqueness of Cusanus' viewpoint can be identified in his seeing God as quidditas absoluta of all things and the "world" as quidditas contracta.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ