【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

樹脂処理木材の耐熱性(1)

書誌事項

タイトル別名
  • フェノール系樹脂処理木材の熱分解

この論文をさがす

抄録

フュノール樹脂で処理された硬化積層材や注入木材は,素材に比べて機械的性質,寸法安定性,電気的特性,耐候性などで優れている。また,木材工業で用いられている合成樹脂中で,木材の熱分解温度領域で熱的に安定な樹脂は,フェノール系の樹脂であり,特にフェノール樹脂は優れた耐熱性を示す。しかし,マトリックスが木材となっている場合のこれらの複合材料の耐熱性の限界を示すデータは少なく,特に熱分解に関する資料は乏しい。本報では,フェノール樹脂の木材との親和性の面から低分子量樹脂(LR)を,工業的な樹脂としての面から高分子量樹脂(HR)をそれぞれ用いて樹脂処理木材を作り,これらの熱的性質を主に熱重量測定(TG)で検討した。また,同じフェノール系樹脂であるレゾルシノール樹脂(R)処理木材についてもあわせて検討した。樹脂自体では,レゾルシノール樹脂の熱安定性はフェノール樹脂より悪かった。樹脂処理木材の重量減少は,いずれも素材より低温で始まり,その割合も大きかった。さらに,セルロースの分解温度領域のTG曲線の動力学的解析から,樹脂処理木材の熱分解の活性化エネルギー(E)は,素材の62Kcal/molの約1/2となった。これらの事から,樹脂処理はセルロースの熱分解を促進するような影響を与えると推定される。しかし,レゾルシノール樹脂はこの影響が小きく,またフェノール樹脂の分子量の影響は認められなかった。

identifier:292332

identifier:ZZ20006664

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ