【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

根室海峡におけるスケトウダラ魚群の分布と海況(1)

書誌事項

タイトル別名
  • 産卵前の水平および垂直分布

この論文をさがす

抄録

1996年から1998年の11月下旬または12月上旬に根室海峡と知床半島のオホーツク海側において計量魚探調査を行い,スケトウダラ成魚の分布と海洋環境を調べた。スケトウダラ魚群はオホーツク海側では観察されなかったが,根室海峡側では主産卵場と考えられている松法から知円別の海域における魚群反応が強く,知円別から知床岬までの海域では沿岸部のみに分布していた。魚群の分布水深は年による違いが認められたが,水温は2~5℃の範囲にあった。これらの結果から,スケトウダラは産卵前の11月下旬から12月上旬には根室海峡の産卵場に来遊しており,その鉛直分布は2~5℃を有する混合水の分布の影響をうけると考えられた。

identifier:630405

identifier:ZZ00009275

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ