CiNii Researchの本公開について

本学草地における出現植物種

この論文をさがす

抄録

本学阿蘇校舎の草地において出現する植物を調査し、その目録を作成した。79科307種の植物が確認された。出現種のうち、在来種は277種、帰化種は22種、導入種は8種であった。半自然草地においてはススキ(Miscanthus sinensis)、ネザサ(Pleioblastus chino var. viridis)、シバ(Zoy-sia japonica)の他、231種の生育が確認された。また、本草地において希少種であるマイヅルテンナンショウ(Arisaema heterophyllum)、オキナグサ(Pulsatilla cernua)、キスミレ(Viola orientalis)、サクラソウ(Primula sieboldii)、ムラサキセンブリ(Swertia pseudochinensis)およびアソノコギリソウ(Achillea sibirica var. brevidens)が出現した。改良草地はトールフェスク(Festuca arundinacea)、オーチャードグラス(Dactylis glomerata)、シロクローバ(Trifolium repens)など8種の導入牧草に加え、77種の在来植物および14種の帰化植物から構成されていた。二次林においてはクヌギ(Quercus acutissima)やコナラ(Q. serrata)など25種の高木類、44種の低木類および28種の草本植物が出現した。

identifier:641672

identifier:ZZ00015111

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

キーワード

詳細情報

ページトップへ