【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

固体NMRによる種子含有脂肪の非破壊的測定法

書誌事項

タイトル別名
  • 千葉大学分析センターの装置を用いて

この論文をさがす

抄録

液体試料の測定を本来の機能とする千葉大学分析センターが保有する通常のNMR装置を用い、そのプローブを固体用に交換することにより、植物の種子をそのまま試料セルに詰めてスペクトルを得ることを試みた。いろいろな検討の結果高分解能スペクトルが得られ、種子貯蔵脂肪の化学構造、存在状態、発芽時の加水分解の状況、などについての情報を得ることが出来た。ここにその測定方法とスペクトルの例を紹介する。

identifier:700412

identifier:ZZ20005628

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ