【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

北海道における省力的放牧草地としてのケンタッキーブルーグラス(Poa pratensis L.)・シロクローバ(Trifolium repens L.)混播草地の適性評価1

書誌事項

タイトル別名
  • 連続放牧条件における家畜生産性

この論文をさがす

抄録

ケンタッキーブルーグラス・シロクローバ混播草地の省力的な放牧利用に対する適性を評価するため、ホルスタイン種去勢牛(放牧開始時の平均体重200kg、月齢6ヶ月)を短草利用で連続放牧し、家畜生産性を短期輪換放牧と比較した。北海道中央部における草丈10-20cm程度の連続放牧条件では、体重100kg当たり50kg程度の地上部乾物重を維持することにより、日増体量0.8-0.9kg/頭/日、ヘクタール当たり増体量800-900kg/ha、体重500kg換算の延べ放牧頭数500-600頭日/haという、短期輪換放牧に遜色ない家畜生産性を期待できた。

identifier:723670

identifier:ZZ00014871

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ