CiNii Researchの本公開について

飼料中マグネシウム,カリウム,カルシウム含量の迅速測定法(1)

書誌事項

タイトル別名
  • 希塩酸抽出法による分析試料の前処理

この論文をさがす

抄録

飼料中のマグネシウム(Mg),カリウム(K),カルシウム(Ca)含量測定の前処理法として,希塩酸抽出法の適用と乾式灰化法との代替の可否を検討した。5種飼料(イタリアンライグラス乾草,コーンサイレージ,アルファルファ乾草,大豆粕及びトウモロコシ)の1mm粉砕物1gに1%(w/w)塩酸50mlを添加して,温度を20または50℃,時間を15~60分に設定して振とう(毎分125ストローク)抽出した。抽出液の各ミネラル濃度を原子吸光法(MgとCa)及び炎光法(K)で測定して乾式灰化法での値と比較した。その結果,3ミネラルとも20℃30分の振とうでほぼ抽出された。飼料72標品を希塩酸抽出法と乾式灰化法とで前処理した場合の,飼料中3ミネラル含量値はよく一致し,希塩酸抽出法は乾式灰化法の代替となり得る。

identifier:740098

identifier:ZZ20007675

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ