CiNii Researchの本公開について

肉用牛の家畜福祉

この論文をさがす

抄録

畜産は家畜を飼養し、その生産物を人々に提供する生業・産業であり、最終的には屠畜という行為を介して人々に畜産物を提供している。「人は家畜を育み、家畜は人の生命を維持し、人の子孫を残す」という家畜と人の命の循環が成立している。この営みは、将来にわたっても続き、21世紀は、このような生命の循環の持続性が大切となっている。畜産業が主体の欧米諸国では、環境と調和した持続可能な畜産の基本的枠組みについて、さまざまな視点から検討されており、その一つとして、「Animal Welfare」が注目されている。「Animal Welfare」は動物福祉や家畜福祉と和訳されているが、この和訳では「Animal Welfare」の本来の概念である「幸福」や「よく生きること」が欠落し、誤解を生ずるおそれがあると指摘されている。本稿では、肉用牛のいくつかの生産技術について、「アニマルウエルフェア」との関連で考察したい。

identifier:752042

identifier:ZZ00013955

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

キーワード

詳細情報

ページトップへ