CiNii Researchの本公開について

畑作地帯における多湿黒ボク土の土壌有機物動態(6)

書誌事項

タイトル別名
  • 総合考察

この論文をさがす

抄録

type:論文

排水不良地であるために生産性が低かった多湿黒ボク土は、生産性向上を目的とした排水改良の効果が発現し、現在では、排水の良い土壌と同等の収量水準となった。作物の生育量が増加したことで、残渣量が2007年には1970年の2.8倍に増加した。一方では、排水改良の効果が発現し有機物分解速度は1970年の1.7倍へ増加した。しかし、麦稈が畜産農家へ持ち出され、その2分の1に相当する堆肥しか還元されていないため、多湿黒ボク土の土壌炭素は減耗してゆくと見積もられた。この改善のために少なくとも畜産農家へ搬出した麦稈と同等量の有機物量を、堆肥として供給を受けるなどの対応の必要性が示唆される。

identifier:814791

identifier:ZZ00014131

収録刊行物

  • 北農

    北農 78 (4), 386-395, 2011-10

    北海道農事試驗場北農會

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ