CiNii Researchの本公開について

海洋深層水で培養したマコンブと付着珪藻を餌料として活用したエゾアワビ養殖に関する研究

この論文をさがす

抄録

type:論文

海洋深層水(以下,深層水)は,低温で水質が安定しており,栄養塩(窒素,リン及び珪素)を表層海水よりも多量に含んでいることから,冷水性の海藻や珪藻などの流水培養に適している。著者らは,アワビ養殖システム(松村・藤田2002)の更なる改良を目指し,培養した生コンブだけではなく,飼育水槽の壁面に豊富に自然繁茂する付着珪藻を餌料としたエゾアワビの長期飼育を試みた。その結果,コンブのみ(松村2004,大津・松村2005)を与えて実施した既往成果と比較して良好な結果が新たに得られたので報告する。

identifier:872529

identifier:ZZ00013149

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ